【1万語Getメソッド)】3種類の語源で英単語暗記を加速!<後編>

マインド/学習方法

☆この記事は約4分で読めます☆

Tomyの詳細なプロフィール

このサイトについての説明

+++++++++++++++++

Tomyです!
絶対に忘れない&使える英語をお届けします!

本日は

ネイティブ級語彙力が欲しい人必見!
3種類の語源を活用して10,000語ゲット☆

続編です☆
英単語を効率的に覚える方法の一つに「3種類の語源」
↓↓↓↓
①接頭辞(接頭語)
②接尾辞(接尾語)
③語根(語幹)

を活用した暗記法があります。この方法なら1万語ゲットも夢じゃない理由や「①接頭辞」の詳細はコチラ☆
↓↓↓↓
【1万語Getメソッド】3種類の語源を活用して英単語暗記を加速!<前編>

まだご覧になっていない方はぜひチェックして下さいね(^^)
本日は残り2種類の語源

②接尾辞(接尾語)
③語根(語幹)

を見ながら、引き続き3種類の語源を活用して効率的に語数を稼ぐ方法を一緒にチェックしましょう\(^^)/

☑「試験に出る単語集」「例文で覚える単語帳」「TOEIC(R)頻出」いろんな単語帳を一通りやった
☑でも何度見てもすぐ忘れる
☑別の意味の単語と混同する英単語が多い(汗)
☑辞書で調べる回数を減らして英単語暗記を効率化したい
☑ネイティブ級の語彙力が欲しい
☑2,000語や10,000語の単語帳なんて自分にできる気がしない(焦)
☑単語帳を何周もリピートする前に、効率的な暗記法を知りたい

etc.

こんなお悩みがあれば、本日の内容はあなたの語彙力アップにお役に立つはずです♪
詳しくは編集後記で。Don’t miss it!

Sponsored Link




本日の英語フレーズ&シチュエーション

Step1
本日の英語フレーズ

lurk
=うろつく、(~に)潜(ひそ)む


Step2

どんなシチュエーション?

ジャングル探検中のあなた。何か茂(しげ)みに潜んでいる気配。

 

Step3:本日のリアル英会話

A leopard was lurking in the dense growth of bushes.
=一頭のヒョウが低木の密生した茂みに潜んでいた。

 

追加したパーツ
↓↓↓↓↓↓
①dense
=密集した、密生した

②bush
=低木、茂み、(やぶのように)もじゃもじゃしているもの


Step4
Let’s speak English!

本日のリアル英会話を3回しゃべって3回書きましょう!

★電車の中などしゃべれない場合は暗唱しよう!
★ペーパーレス時代。スマホのメモに打ち込んでもOK!

【編集後記】英単語を大量インストール!大人の英単語学習は語源の活用で効率化☆ネイティブ級語彙力をゲットしよう<後編>♪


語源で英単語を覚えるメリット3個
↓↓↓↓
【芋づる式に2000語暗記!?】語源で英単語を覚えるメリット3個/英語で「どこにでもある」と言う

や本記事の前編
↓↓↓↓

【1万語Getメソッド】3種類の語源で英単語暗記を加速!<前編>

でもお伝えしましたが、英単語を語源で覚える主なメリットはコチラ♪
↓↓↓↓
接頭辞/接尾辞/語根、3種類の語源を理解するだけで芋づる式に英単語を覚えられる
☑知らない単語の意味を予想できる
☑暗記の負荷が最小限

繰り返しにはなりますが、子供と違い、大人は脳の構造上、意味や脈絡がないものを次々覚られる仕組みになっていません。何となく覚えた英単語をすぐ忘れるのは、脳の仕組みが子供と違うせいです。
仕事やプライベートで忙しく勉強時間が限られる大人にとって、単なる暗記を重ねるのは非効率です(汗)
理解を伴う英単語暗記で、長期記憶として脳に定着する方法こそ、大人が英語で挫折(ざせつ)しないために必要な学習方法です☆
日本人に英語を教える講師、言語研究や脳科学、神経科学の専門家など、あらゆる研究結果から大人にとって最も効率的な英単語の学習方法は「語源を意識して覚えること」と言われています。
英語学習に必要な英単語数の目安のおさらい
ですが

☑2,000語
⇒日常会話レベル

☑6,000語
⇒日本国内難関大学入試レベル

☑10,000語
⇒英字新聞や雑誌を自由に読める程度

☑30,000語
⇒ネイティブスピーカーの平均語彙数

こんな感じなので、1個1個英単語を暗記する「足し算方式」だと、新聞や雑誌を自由に読んだり、ネイティブと問題なく会話を進めるレベルに到達するには、かなりの積み上げと時間が必要です(^^;)
一方、語源を活用した「掛け算方式」なら、ネイティブ級の語彙ゲットも夢じゃありません♪
↓↓↓↓

①接頭辞⇒3個
②接尾辞⇒3個
③語根⇒3個
↑↑↑↑
3×3×3=27個

それぞれ3個覚えたら、単純計算で27個の英単語を覚えられます。ハイ、圧倒的な生産性です(笑)
語源を理解する一番のメリットは「少ない時間と労力でたくさんの英単語を身に付けられる」ことなので、忙しい大人の英語学習者にピッタリな学習法です!
語源学習のメリットを知っていただければ「コレなら自分もできるかも!」と思っていただけたのではないでしょうか\(^o^)/
それではここから

②接尾辞(接尾語)
③語根

残り2種類の語源を一緒に見て行きましょう☆

【語源その②】接尾辞(接尾語)-suffix-

接尾辞は語尾に付き、品詞や意味を変える文法的な働きをします。以下のような意味を持つものがたくさんあります。

☑行為
☑状態
☑行為をする者
☑職業
☑性質
☑主義
☑十分
☑不足
☑能動
☑使役
etc.

よく使われる接尾辞を一緒に見てみましょう(^^)

☑-ical「性質」/-al「~に関する」
⇒economical/èkənάmɪk(ə)l/(経済的な、節約の)

⇒sensational/senséɪʃ(ə)nəl/(世間をあっと言わせるような、素晴らしい)

 

☑-fy「~させる」「~化する」
⇒satify/sˈæṭɪsfὰɪ/(満足させる)
⇒justify/dʒˈʌstəfὰɪ/(正しいとする、正しいとする)

 

☑-ful「性質」「~に満ちた」「~の多い」
⇒beautiful/bjúːṭɪf(ə)l/(美しい、きれいな、素晴らしい)
⇒forgetful/fɚgétf(ə)l/(忘れやすい)

接尾辞は、品詞に応じてある程度その形が決まるのが大きな特徴です。品詞は全8種類(“a”や”the”などの冠詞も含めると9種類)ありますが、品詞の基本はコチラ
↓↓↓↓
【ヴィーガンは名詞?】品詞8種類マスターで英会話&TOEICスコアアップ!<前編>/英語で「菜食主義者」と言う

のブログにまとめています。気になる方は後で確認してみてください(^^)
ここでは「名詞」「形容詞」「動詞」「副詞」それぞれに特有の接尾辞を一緒に見てみましょう☆

 

【語源その②-1】名詞の接尾辞

☑-or「~する者/モノ」
⇒actor/ˈæktɚ/(俳優)
⇒elevator/éləvèɪṭɚ/(エレベーター)

”-ate”の語尾の動詞に付くことが多いです(^^)

 

☑-ee「(行為や働きを)受ける者」「~される人」「行為をする人」
⇒employee//(従業員、被雇用者)
⇒addressee/`ædresíː/(受取人、受信人)
⇒absentee/`æbsntíː/(欠席者、不在者)

上の二種類を大まかに分けると

”-or”⇒~する人
”-ee”⇒~される人

を意味します。

 

☑-er「~する者」
⇒hunter/hˈʌnṭɚ/(狩りをする人)
⇒farmer/fάɚmɚ/(農園主)

☑-ist「~する人」「~主義者」
⇒novelist/nάvəlɪst/(小説家)
⇒pessimist/ˈpesʌmɪst/(悲観主義者)

 

☑-ment「結果/状態/動作/手段」
⇒payment/péɪmənt/(支払い)
⇒compliment/kάmpləmənt/(賛辞、誉め言葉、お世辞)

”-ment”は動詞の語尾につき、動作そのものや、その動作の結果を表す名詞を作ります。

名詞を作る接尾辞は他にもたくさんあります☆
↓↓↓↓

☑-tion
☑-sion
☑-ity
☑-ty
☑-ance
☑-ence
☑-ency
☑-cy
☑-ry
☑-ness
☑-al
☑-age
☑-ism
☑-dom
☑-hood
☑-ship
☑-nomy

 

【語源その②-2】形容詞の接尾辞

☑-ive「~の性質を持つ」「~の傾向がある」
⇒active/ˈæktɪv/(活動的な)
⇒explosive/ɪksplóʊsɪv/(爆発の、爆発的な、激情的な)

 

☑-ous「~の多い」「~性の」「~に似た」
⇒perilous/pérələs/(危険な、冒険的な)
⇒gorgeous/gˈɔɚdʒəs/(豪華な、立派な)

形容詞を作る接尾辞は、他にも色々あります☆
↓↓↓↓

☑-ar
☑-ed
☑-ic
☑-ing
☑-ly

☑-y
☑-less
☑-en
☑-al

【語源その②-3】動詞の接尾辞

☑-ate「~させる」「~する」
⇒create/kriéɪt/(創造する)
⇒translate/trænsléɪt/(翻訳する)

☑-en
⇒enlighten/ɪnlάɪtn, en‐/(啓発する、教える)
⇒embolden/ɪmbóʊldn/(大胆にする、(人を)勇気づけて~させる)

 

☑-fy
⇒justify/dʒˈʌstəfὰɪ/(正しいとする、正当化する)
⇒satisfy/sˈæṭɪsfὰɪ/(満足させる)

 

☑-ize
⇒civilize/sívəlὰɪz/(文明化する、教化する)
⇒organize/ˈɔɚgənὰɪz/(組織する、設立する)

他にも動詞を造る接尾辞は以下があります☆

☑-ish
☑-ify
☑-ise

【語源その②-4】副詞の接尾辞

☑-ly
⇒precisely/prɪsάɪsli/(正確に、的確に)
⇒honestly/άnəstli/(正直に、率直に、本当に)

“-ly”は形容詞や分子の語尾に付けて副詞を造ります。副詞の接尾辞はコレだけなので覚えやすいですね☆

 

このように、接尾辞は品詞によって大体の形が決まります。英単語の意味が分からなくても、語尾を見ればかなりの確率で品詞を判断できます(^^)
たとえば品詞を区別するTOEIC(R)の穴埋め文章問題なら、たとえ選択肢の英単語の意味が分からなくても、品詞を判別できれば数秒で回答できます☆
便利なので、ぜひ覚えておいてくださいね(^^)

【語源その③】語根-stem word-

語根は英単語の根幹の意味を担(にな)います。ラテン語やギリシャ語など、今のヨーロッパあたりで使われていた古い言語から派生したものが多く、語根の前後に「接頭辞」や「接尾辞」など別のパーツを付けて、色々な意味の英単語として使われるようになりました(^^)
たくさんあるので
、なじみ深いものをいくつか見てみましょう♪

☑vent/vént/「裂け目」「穴」「外に」「外へ」
⇒adventure/ədvéntʃɚ/(冒険、冒険心)
⇒ventilate/vénṭəlèɪt/(空気を通す、換気する、風通しを良くする)

☑point/pˈɔɪnt/(指し示された点、指す、刺した所、得点、地点)
⇒appoint
/əpˈɔɪnt/(指名する、任命する、設立する)
⇒appointment/əpˈɔɪntmənt/(約束、予約、指名、任命、職、地位)

 

☑tend「伸びる」「伸ばす」「向かう」
⇒contend/kənténd/(戦う、争う、競う)
⇒pretend/prɪténd/(~のふりをする、真似をする)

他にもたくさんありますw
↓↓↓↓
☑cur「注意」「世話」
☑cept「つかむ」
☑serve「保つ」「守る」「(ある目的のために)仕える」
etc.

語源で英単語を覚える方法が便利なのは、ここまで読んでいただければ十分共感頂けたと思います(^^)
語源だけパパっと手軽に覚えられる、まとまった情報があればいいのに...と思っていたところ、ピッタリの本を見つけました!
が、残念ながら紙面が尽きました(汗)ので、そちらの情報は別の記事でお伝えしますね!
以上

【1万語Getメソッド】3種類の語源で英単語暗記を加速!<後編>

でした!

前編はコチラ
↓↓↓↓
【1万語Getメソッド】3種類の語源で英単語暗記を加速!<前編>


あなたの英語力アップに、この記事がお役に立てば幸いです☆
最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

<参考サイト>
THE ENGLISH CLUB
(https://english-club.jp/
)


では今日はこの辺で。
次回もリアル英会話をお楽しみに!
Have a nice day☆

Tomy

++++++++++++++++++
サービス内容変更などにともない、定期的に本記事の情報は更新いたします。こちらのページをブックマークして頂くなど、必要に応じて最新の情報をご確認いただけると幸いです☆
++++++++++++++++++

無料メルマガ登録で
オンライン英会話で使える!英語の自己紹介テンプレート
プレゼント中♫
↓↓↓↓
メルマガはコチラ

©since2017
英語&英会話を日本から一歩も出ず30代から再勉強した体験記ブログ

by Tomy

コメント

タイトルとURLをコピーしました