このサイトについて-基礎英語学習の大切さ-

本ページ作成:2017年8月
加筆修整:2019年1月

はじめまして!
荒川ひとみ(ハンドルネーム:Tomy)です。

こちらのウェブサイトの運営のほか、ヨガインストラクターとしても活動しております(^^)
どうぞよろしくお願いいたします☆

あらためまして、来訪ありがとうございます☆
このページでは、ウェブサイトのコンセプトや、ブログ記事でどんなことをお伝えしているか、カンタンにご紹介したいと思います。

こちらのウェブサイトは

日本に住んでいても英語は話せるようになる!
これ以上無駄なお金と時間を使わない!

をテーマに

外国人とのリアル英会話から抜粋!
☆1フレーズ/1センテンス☆


をブログ記事でご紹介しています(^^)

英語を学習する目的は色々あると思いますが、私の場合は

・転職活動の書類に堂々と書けるTOEIC(R)スコアが欲しい
・TOEIC(R)ハイスコア保持者がもらえる会社のインセンティブ手当て(要はお金 笑)をもらいたい

でした。
きっとあなたも

・仕事/転職/昇進で英語が必要
・海外旅行を楽しみたい
・外国人と交流したり、友達が欲しい
・街中で困っている外国人を助けたい
・話せると何となくお得そう
・カッコいい
・映画やドラマを字幕なしで楽しみたい
・子供に英語を教えたい/サポートしたい
・中/高で勉強してるのに話せないのを克服したい
etc.

色々な学習目的があると思います。
一方で

・英語学習の目的がない
・コレと言った目的が見当たらない

と感じている方もいらっしゃるかもしれません。
私の周囲にも、英語の目的が明確な方も、そうでない方も沢山いらっしゃいますが、みなさん声をそろえて

何からどう手をつけて良いのかわからない(涙)

とおっしゃいます。
せっかく「英語を頑張ろう!」と感じた学習者が、無理なく最初の一歩を踏み出せるよう

1日1フレーズ/1センテンスからスタートしよう!

という私からの応援と、私も一緒に学習を続けていきたいという気持ちをこめて、ブログ記事でシェアしています。
お伝えしているジャンルは

・日常英会話
・TOEIC(R)
・ビジネス英語
・映画/海外ドラマ
etc.

なるべく色々な方面で、そこから集めたリアル英会話ばかりです。
今は英語学習の目的がハッキリ見えなくても、無理の無い範囲で英語に触れながら、興味を持てるジャンルを少しずつ広げたり、学習の目的を明確にすることが可能だと思います。

フレーズやセンテンスの他にも、日本で英語を学ぶ全ての方へお伝えしたい重要事項を、ギュッと凝縮(ぎょうしゅく)してシェアしたいという思いから、このサイトを立ち上げるに至りました。

あなたの英語学習のヒントやブレイクスルーになることも沢山あると思いますので、初めて来訪された方はぜひ最後までご覧ください(^^)

【はじめに】スペシャルなノウハウは不要?大切なのは基礎英語学習と継続

ブログ記事では

☑英語ユーザーが実際に使う「通じる」英語フレーズ/センテンス
☑インターネットを活用した英語学習
☑TOEIC(R)スコアアップ&英会話への活用

を主にお伝えしています。
上記の項目に絡(から)めて

☑アウトプット重視の会話練習
☑一定時間以上の英語学習の蓄積と継続
☑基礎的な学習(リスニング/スピーキング/リーディング/ライティング)を正しい順序と方法で行う大切さ
☑インターネットを活用した効率&生産Up英語学習方法
☑必要なところにのみ労力と費用を投入する思考

など、具体的な学習方法、会話力アップに必要なマインド(考え方)、ほとんどの日本人英語学習者が気付いていない重要情報などをシェアしています。

結論からお伝えすると、英語力アップに必要不可欠なのは

・基礎的な英語学習
・正しいやり方とマインドで努力
・一定以上の学習時間の蓄積と継続

です。
もしかしたら「ありきたりでツマラナイ」と感じるかもしれませんが、使える英語/伝わる英語を身に付けるためにも大切なことなので、どうぞ続きを聞いてください。

ここ日本で、日本語を母国語として育った私たちが、短時間でラクに英語が話せるようになるような方法は、残念ながら存在しません(苦笑)

「たった10日で英語ぺらぺらの魔法!」

のようなキャッチコピーのテキストや英会話スクールは、世の中にあふれています。
しかし、そのようなサービスを活用して英語を話せるようになるかというと、残念ながら不可能です。
その理由は、話せば長いのでここでは詳細は割愛(かつあい)しますが、脳科学的にも人間の脳の構造上、たった1週間~1ヶ月そこらの短期間では、何かをマスターして実践レベルで使いこなせるようにはならないからです。

このようなことに気付き、自覚するまで、私も散々遠回りをしてお金と時間をドブに捨てました。
私自身、海外で1ヶ月以上生活したことも、留学経験もないので、生活の基盤は今も昔もずっと日本です。

私のプロフィール
↓↓↓↓
Tomyのプロフィール

をご覧いただいたあなたはご存知だと思いますが、私は30歳を過ぎるまで、典型的なダメ英語学習者でした。

・日本人で英語出来るのは所詮(しょせん)才能
・帰国子女の専売特許(せんばいとっきょ)
etc.

こんな風に思っていました。
かといって、日本語が話せれば大抵のことは困らない国で生活しながら、何をどうしたら英語が話せるようになるのか、検討もつきませんでした。
独学で英語を続けても、お金と時間を費(つい)やす割りに、いつまで経ってもまともな英語は話せず、鳴かず飛ばずの英語力にうんざりしながら、中途ハンパな英語人生を送っていたのです。

そんな私が、30歳を過ぎてから正しい学習方法と考え方に気付き、努力と継続を重ねた結果

☑英語難民⇒TOEIC(R)800越え達成!
☑オンライン英会話で外国人講師と英会話をエンジョイ!
☑英語ブログ始動!
etc.

までたどり着けました。
もちろん、ネイティブ並にぺらぺらとまでは行きませんが、言いたい事を英語で伝えたり、相手の言っていることを聞き取ったり、必要な場面で意思疎通が可能なレベルになりました。

私がここに至るまでの過程で得た情報や気付きを

全ての日本人英語学習者が
絶対に知っておくべき重要情報

として凝縮(ぎょうしゅく)し、以下のポイント

①英語ユーザーが使う「通じる」英語フレーズ/センテンス
②インターネットを活用した英語学習
③TOEIC(R)スコアアップ&英会話への活用

を主軸に、ブログでシェアしている次第です!
それではここから、①~③について順に見ていきましょう☆


このページに書いてあることだけでも、英語学習にブレイクスルーを起こしたい全ての方に役立てて頂ける内容です。
その場しのぎでなく、本質的な英語力を身につけたい!とお考えのあなたは、ぜひ最後までチェックしてくださいね(^^)

①英作文NG?パクってOK!英語スピーカーがリアル英会話で使うフレーズ/センテンスをマネしよう

先にもお伝えしたとおり、このウェブサイトでは

外国人とのリアル英会話から抜粋!
1フレーズ/1センテンス

を一つ一つのブログ記事でご紹介しています。

最近のブログ記事はコチラ
↓↓↓↓
英作文NG!?英語で日本のお正月を説明!①「おせち」/英語で「抱負」と言う

さらに、その英語が使われるシチュエーションを必ずセットでご紹介しつつ

3回紙に書く&3回復唱する

練習方法をおすすめしています。

この理由はこれからお話しますので、続きをご覧ください。

ブログ記事でご紹介している英語フレーズや英文は

・オンライン英会話のレッスンで外国人講師との会話で登場
・映画やドラマのセリフ

など、とにかく「リアルな会話」から私が拾い集めたものばかりです。
私がリアル英会話にこだわる理由はコチラです。
↓↓↓↓

☑シチュエーションやイメージに英語をリンクさせやすい

☑英語を話す人たちが使うフレーズ/センテンス
⇒実践的な場面で「通じる」英語

☑はじめから「通じる英語」とわかっている安心感

⇒主語や副詞を必要に応じて変える
⇒自分の言いたい英語にカスタマイズ

⇒自信を持って英語を話せる!
etc.

リアル英会話から英語を抜粋(ばっすい)するメリットは他にもありますが、特にシチュエーションやイメージとリンク出来るのがポイントです。
英語が口(くち)からスルッと出ない最大の理由は

実際に使う場面を想定して理解:インプット
その場面で英語を使う:アウトプット

このインとアウトの繰り返し練習が足りていないだけです。
学校英語で英単語を何十回も書いたり、難解な日本語から英作文を生み出したりしましたが、あれは読み書き中心のペーパーテストでハイスコアを取るための練習です。英語を話すためのトレーニングではありません。
特に英作文のプロセスは、英会話には向きません。
頭の中で日本語から英語に変換している間に、会話はどんどん先に進みます。
実際の会話の場面で頭の中で英作していても、相手が待ってくれなければ会話に乗り遅れてしまいます。

ここまでのお話で、英語が話せなかった頃の学習方法で復習しても、英会話の上達に直接的に結びつきにくいことがご理解頂けたと思います。

英語は読み書きに限定されたものではなく、会話するためのツールです。
お料理やスポーツと同じで、ノウハウを知識として持っているだけでは、英会話は実践レベルまで上達しません。

コミュニケーションツールとして英語を使えるようになるためにも、通じることが明白な英語表現を私たちの脳みそにインプットし、声に出して練習した方が、断然会話力アップの近道です。

②足りない学習時間はインターネットでカバー!オンライン英会話で英語力Up


英語を話せるようになりたい!

という方は私の周りにもたくさんいますが、みなさん口をそろえてこんなことをおっしゃいます。

1.必要な場面で言いたい英語が口からスルっと出ない
2.やってもやっても英語が話せない
etc.

英会話スクールに通ったり、職場の英語研修に参加したり、みんなそれなりに時間とお金をかけている方が多いです。その割に望んだ成果がみられないと

一体いつまで、何をどれだけやったら英語が話せるの!?

ゴールの見えないマラソンを走っている心境になってしまい、途中で挫折(ざせつ)する人が多いのです。
英語が全く話せなかった頃の私も同じ境遇でした。

上記の1、2の解決策を一言でお伝えするならば

会話練習の量を一定時間以上こなす

他にありません。
とは言え、留学や海外生活でもしない限り、日本で必要に迫られて英語を話す機会は残念ながら少ないのも事実です。
この問題を解決するために、私がブログ記事でご紹介している方法は、日本から脱出せず、自宅から一歩も出ずに、誰でもカンタンに英会話の練習量を増幅させる方法です。
その方法とは


オンライン英会話の活用

です!

私たち日本人は、最低でも中学で3年間英語を学びました。必要最低限の文法や語彙(ごい)など、インプットは十分あります。
一方で

会話の練習量や機会が圧倒的に少ない

です。
海外の学校教育などで第二外国語として英語を学んだ人に比べると、ゼロに等しいレベルです。
この後、TOEIC(R)に関する重要事項でもお伝えしますが、ある程度言いたいことを英語で言えたり、簡単な英文メールや仕事で必要な会話を英語で出来るレベルになるまで

必要な学習時間は約1,000時間

と言われています。
学習時間と到達レベルの目安に関しては諸説(しょせつ)あります。英語学習を始めた時点の個々人のレベルにもよるので、
1,000時間より短い方もいらっしゃれば、長い方もいらっしゃるので、一つの目安として参考になさって下さい。
海外での英語生活や、複雑な業務を英語で対応するのに不安がないレベルに到達するためには、2,000~5,000時間程度の学習を積み重ねる必要があるとも言われています。

ここまで読み進めて頂いたあなたなら、もうお気付きだと思いますが

・英会話スクールに週1回通学
・留学で英語の環境を一時的にGet

だけでは、会話練習量や学習時間が明らかに足りないので
「それ以外の部分でどう補うか?」
が学習のキーポイントです。

費用的にも、大多数の方にとって、スクール通学や留学を長期継続し、学習量や学習時間をカバーするなど無理難題であると、おわかり頂けると思います。

一方、オンライン英会話なら

・完全在宅OK!
・インターネット環境があればスマホやタブレットなど外出先でもレッスン可能
・海外との時差があるので24時間いつでもレッスン受け放題
・リーズナブルで無理なく継続!

etc.

など、学習を継続しやすい条件やメリットがそろっているので、効率よく英語力Upを目指せます。

オンライン英会話に限らず、今はインターネットで世界中の情報にアクセスできます。
私の英語力も、インターネットを活用した英語学習を開始して以来、劇的に飛躍(ひやく)しました。

こちらのウェブサイトでは

・オンライン英会話の活用方法
・各社オンライン英会話の体験記事
・海外在住英会話講師から聞いたナマ情報
・SNSやYouTubeなどで見つけたリアル英会話
・CNNやBBCなどの海外情報
・オンライン専用英語学習教材のレビュー/体験記
etc.

など、インターネットを活用した英語学習方法や私自身の体験記を余すことなくシェアしています。

最近のオンライン英会話体験記事はコチラ
↓↓↓↓
オンライン英会話体験『レアジョブ』評判や効果は?/英語で「行き詰まり」と言う

一昔前までは、実際に海外に長期滞在でもしない限り、英語に直接触れる機会が乏(とぼ)しかったので、英語にアクセスできるのは限られた一部の人だけでした。

でもインターネットが発達している今なら、誰でもリアルな英語に触れられます。
発音、リズム、イントネーションなど、自宅から一歩も出ずともナマの英語に触れながら学習することが可能なのです。

通学型のスクールだと継続が難しい人も、オンライン英会話やダウンロード型の教材を活用したり、ウェブセミナーコンテンツの会員になるなど、場所と時間の制限を越えて、質の高い英語学習方法を完全在宅で選べる時代です。

インターネットを活用すれば

・スピーキング
・リスニング
・リーディング
・ライティング

の基礎英語学習を網羅できます。

これからの時代、英語力やパフォーマンスアップのためにも、インターネットは必要不可欠です。
積極的にインターネットを活用しつつ、学習時間の確保&英語力Upを一緒に頑張りましょう♪

③TOEIC(R)は会話力&年収Upへのパスポート!スコアアップへの近道

英語学習、とりわけ英会話では

自分の会話力ってどの程度?

を明示してくれる数値や、ゴール設定が難しいです。
冒頭でもお伝えしましたが、ゴールが見え辛いと途中で挫折してしまうリスクもあるので、可能な限り自分の現状を見える化しながら学習を進められるとベストですよね。

そこで役に立つのが

TOEIC(R)

です!

TOEIC(R)のスコアと会話力は無関係、という声も時々聞こえますが、実際にはそんなことはなく、目指す英語レベルとTOEIC(R)スコアはある程度相関して考えられます。

私もこれまで、TOEIC(R)は何度も受験していますが、自らの実体験からも

☑文法的に正しい表現
☑オフィシャルな場で失礼のないキレイな英語

はTOEIC(R)で学習可能であると実感しています。
他にも、TOEIC(R)スコアのアップにともない、英会話練習で使うトピックや長文記事もスラスラ読めるようになったり、以前勤めていた会社で特別手当てをもらえたり、会話力や収入を効率よくUpできました。
このような実体験に基づき、こちらのウェブサイトでは

・TOEIC(R)頻出フレーズ&センテンス
・TOEIC(R)スコアアップに効くおすすめテキスト

・TOEIC(R)を飽きずに楽しく学習する方法
・TOEIC(R)の英会話への活用方法
・TOECI(R)スコアアップで年収もUp
etc.

などの情報をブログ記事でシェアしています。

特にビジネス英会話など、オフィシャルな場面でバンバン登場するフレーズはTOEIC(R)にもウジャウジャ出ます。

TOEIC(R)がどのようなテストかは、TOEIC(R)公式ホームページなどを参照頂ければと思いますので、ここでの詳細は割愛しますが、たとえばTOEIC(R)リスニングテストのレベル別評価を見てみると、スコアに応じて以下の長所が認められることがわかります。

リスニングスコア 長所
495-375 ・応答が間接的、あるいは簡単に予測できないものでも幅広い語彙を使用した話の趣旨/目的/基本的な文脈が推測できる
・幅広い語彙が使用されていても話の趣旨/目的/基本的な文脈が推測できる
・否定構文など、複雑な構文や難しい語彙でも詳細を理解できる
370-275 ・語彙が難しくないときは話の主旨/目的/基本的な文脈が推測できる
・情報の繰り返しや言い換えがある時は話の主旨/目的/基本的な文脈が理解出来る
270~5 ・写真描写で、写真の主旨に関する短い記述を理解出来る
・語彙が簡単で話のごく一部を理解すれば良いときは話の詳細や写真に関する記述を理解出来る

(参考:ETS TOEIC公式サイト レベル別評価の一覧表)

このように、TOEIC(R)スコアから、現状の英語力も数字で可視化できることがお分かり頂けたと思います。

TOEC公式ホームページでも平均スコアを確認できますが、近年の日本人のTOEIC(R)の平均的なスコアは

550~590前後

と言われています。
他にも、日本の大学受験レベルの英語学習を経験した受験者が到達可能なスコアは700前後とも言われています。
これらの数値的指標を目安にすることで

・学習時間
・TOEIC(R)スコア
・英語レベル

の大まかな相関を見ることは可能です。

ここまでの内容を前提に、ブログ記事では、なるべく具体的な数字を引き合いに出しながら、おすすめテキスト、テキストの活用方法など、全ての英語学習者に参考にしていただける、具体的でわかりやすい情報をシェアしています(^^)

・英会話上達したいのでTOEIC(R)は関係ない
・就職や転職で使うのでTOEIC(R)スコアアップだけでいい
etc.

英会話とTOEIC(R)は無関係であるようなこんな声も巷(ちまた)にはあふれていますが、バランスよく英語力をアップするためにも、オンライン英会話などを活用した会話練習、数字で英語力を見える化するTOEIC(R)、どちらも大切です。

会話力もTOEIC(R)スコアも効率よくアップしながら、一緒にパフォーマンスアップをめざしましょうね

【さいごに】一緒に楽しく英語を続けましょう

 

繰り返しになりますが、こちらのウェブサイトでは

日本に住んでいても英語は話せるようになる!

ということを、声を大にしてお伝えしています。
そのために必要な学習方法やマインド(考え方)についても、じゃんじゃんシェアしています。

巷(ちまた)には

・留学しないと英語話せない
・英語圏で生活しないとTOEIC800なんて越えられない
・フィリピン講師NG
英語はネイティブに習わないとダメ
・日本人には英語ムリ
・英語は才能
・大人になって英語やっても意味無い
・英語できる日本人は、皆が知らないスペシャルなノウハウで英語やってるハズ
etc.

実に様々な意見や噂(うわさ)が飛び交っていますが、どれも真実ではありません。英語を学ぼう!と努力している人の出鼻をくじくような、根拠のない無責任な噂(うわさ)に過ぎません。
たしかに、スポーツや芸術など一部の分野では、身体的な素質や先天的な素養が支配的だという研究データもあります。
しかし語学に関しては、生まれ持った才能が必要であるという根拠は乏しいのです。
正しい方向に努力さえすれば、誰だって英語を話せるようになるはずなのです。
英語が全く出来なかったころの私のように、どうか根拠なき意見には惑わされないでいただきたいのです。

ここまででお伝えしたとおり

・イメージやシチュエーションとセットで英語を覚える
・インターネットを活用して英語に触れる環境を自分で作る
・TOEIC(R)など数値目標を活用しながらバランスよく英語力Up

どれも日本に住みながら、あなたが家から一歩も出なくても出来ることばかりです。

あなたと同じ日本人である私も、私の周囲の英語学習者も、同じように日本で英語を継続しながら、結果を出せています。あなたに再現出来ないはずはありません。

私も、今のレベルよりもっともっと英語で自由になれるよう、これからもずっと英語を続けます。
学習の過程で発見した気付き、失敗、おすすめ方法、マインド、etc.は全てこのサイトでシェアしていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします(^^)

 

☆追伸☆
今ならメルマガ登録で2つの限定プレゼント配布中です!

①コレさえあれば大丈夫!’英語で自己紹介テンプレート’
英会話の無料体験レッスンなど、英語の自己紹介でもガンガンつかえる自己紹介テンプレートを限定プレゼント中!

②英語学習でやりがちな’4つの失敗’レポート
知らず知らずの間に英語学習でやりがちな

4つの失敗要因

を大公開!

英語産業ウラ話満載!
英語学習でやりがちな’4つの失敗’
(PDF39ページ)


いずれも有料セミナー級レポートですので、ぜひこの機会にゲットしてくださいね♪


ウェブサイトやブログで公開しきれない情報
↓↓↓↓
・時間とお金をかけるわりに英語が出来ない人がやりがちな「あること」

・ビジネスにもプライベートにも応用し放題!?目的達成のための’最重要マインド’
・ブラック英会話産業の裏側
・英会話&TOEIC(R)スコアアップのヒミツ
・パフォーマンスアップの思考と習慣
・一般書店で入手不可!限定ビジネス書情報
・有料セミナー級情報
etc.

はメルマガで配信中です♪
↓↓↓
☆メルマガ登録で
有料級プレゼントと
レア情報をGetする☆


メルマガ登録/解除はお気軽にどうぞ♪

©since2017
英語を話したい日本人のための
日本人Tomyによる英語のブログ

by Tomy

タイトルとURLをコピーしました