英会話力アップにもおすすめ?TOEICで英語を勉強するメリット7選/英語で「提出」と言う

☆この記事は約4分で読めます☆

Tomyの詳細なプロフィール

このサイトについての説明

+++++++++++++++++

Tomyです!
絶対に忘れない&使える英語をお届けします!


・TOEIC®ハイスコア
取れたらお得
・スコア何点とればいい?
・そもそも勉強するのがダルい
・何から手を付けて良いのか謎
・問題数が膨大でヤル気でない

etc.

こんな疑問や不満を持つ英語学習者はあなただけではありません。
そんな不満をよそに、巷(ちまた)ではやたらとTOEIC®というフレーズを耳にするかと思います。

実は英会話力アップにも絶大な効果を発揮するTOEIC®。
ですが、その有効性が詳しく語られる機会は少ないかと思います。
そこで本日は

TOEIC®の具体的なメリットって何?

という疑問にお答えすべく

TOEIC®のメリット7

をお届けしたいと思います!
私も過去10回以上はTOEIC®を受験しました。
苦労しつつも、今ではどうにか800点を超えられました。

スコアが600点台うろうろしていた頃と、800点を越えた今では、確実に周囲の反応が変わりました。
英語学習の面でも、英文を読むのがラクになるなど、実感できるメリットも沢山あります。

・TOEIC®初めて受けるし不安
・履歴書に堂々とTOEIC®スコアを書きたい
・就職/転職を有利に進めたい
・現職で仕事の幅を広げたい

etc.

もしあなたがこんな不安や希望をお持ちなら、ぜひ最後までチェックしてくださいw

詳しくは編集後記で。
Don’t miss it☆

本日の英語フレーズ&シチュエーション

Step1
本日の英語フレーズ

submission
=提出、提案、服従

 

Step2
どんなシチュエーション?
書類の提出方法が書いてあります。
TOEIC®のPart5やPart6の穴埋め問題に登場しそうな英文。
ビジネス英語のノリに慣れたい。

 

Step3
本日のリアル英会話
Submissions for the contract should be sent to Ms.White’s secretary by either registered mail or a delivery service of your choice.
=契約の(応募書類の)提出は書留郵便か宅配便か、あなたの希望に応じてホワイトさんの秘書に提出するとよいです。

追加したフレーズ
↓↓↓↓↓
contract

=契約、契約書

secretary
=秘書、秘書官、書記、書記官

registered mail
=書留郵便

Step4
Let’s speak English!

本日のリアル英会話を
3回しゃべって3回書きましょう!

★電車の中などしゃべれない場合は暗唱しよう!
★ペーパーレス時代。スマホのメモに打ち込んでもOK!

【編集後記】英会話力アップにもおすすめ?TOEIC®で英語を勉強するメリット7選

2020年東京オリンピックも近づき、いたるところで英語ブームが再燃しています。

この記事を読んでくれたあなたは、ブームに関係なく淡々と英語を学習したり、英会話を始めようと情報収集したり、精力的に行動していることと思います。
そんな中、英会話に負けず劣らずTOEIC®も方々で話題に上ります。
TOEIC®がどんなテストか、基本的な情報はTOEIC®公式ホームページなどで確認頂くとして、ここでの詳細は割愛しますが、ザックリ言えば

英語を母国語としない人のための、日常生活やビジネスにおける生きた英語力を測定するテスト

です。
世界に目を向けると、TOEFLやIELTSなど、英語力を測るテストでメジャーなものは他にもありますが、ことさらアジア圏ではTOEIC®が主流で、就職や転職の場面でもそのスコアを問われることが多いです。
そのせいか

・TOEIC®ってビジネスパーソン向けでしょ
・英会話頑張りたいだけだしペーパーテスト不要
etc.

こんな感じで

TOEIC®なんて自分に関係なさそう

とスルーしてしまう人も多いです。
でもね




TOEIC®の学習は、英会話やリスニングスキルアップにも絶大な効果があります☆

そんなわけで本日は

TOEIC®(*)で英語を勉強するメリット7選

を大公開!
春からの英語スタートダッシュをかけたいあなたは最後までお見逃しなく☆

(*)Listening/ReadingのTOEIC®試験を前提にお話を進めます。

【TOEIC®で英語を勉強するメリット①】TOEIC®スコアで英語力を見える化

英会話を学習していると、誰しも一度くらいは

自分の英語力ってどのくらい?

と疑問に感じることがあると思います。
私もその一人です。
日本語の環境で一定の年齢まで成長しているので、母国語である日本語のスキルを、外国語である英語が上回ることはなかなか難しいです。
これは私たちの脳の構造の問題でもあるので、ある意味仕方のないことではあります。
しかし、その事実を理解しつつ、英語はずっと学習&成長し続けられるという点で、楽しみながら継続できるものと思います。
ただし定期的に

自分の英語力は今この位だな

という目安と尺度を意識して学習を続けるのと、なんとなくオンライン英会話や英会話スクールを続けるのとでは、雲泥(うんでい)の差があります。

でも、英語力って一体どうやって確認するの?

そこで活用したいのがTOEIC®の




レベル別評価の一覧表


(参照:EST®TOEIC® Score Dscriptor Table(レベル別評価の一覧表))

です。
ご覧の通り、リスニングセクションとリーディングセクション別に、スコアに応じた

Stregnth(長所)
Weakness(弱点)

を確認できます。
一覧表の内容を一部抜粋です。
↓↓↓↓
リスニングスコア370~275
Strength(長所)
・短い会話で、語彙が難しくないときは話の主旨/目的/文脈が推測できることもある
・長い聴解文で情報の繰り返しや言い換えがあると話の主旨/目的/文脈を理解できる
・短い会話で簡単なまたは中級レベルの語彙が使用されるときは話の詳細が理解できる

リーディングスコア320~225
Strength(長所)
・限られた長さの文章においては、簡単な推測ができる
・一つの文、または二つの文に渡る情報を関連付けることができることもある
・簡単な語彙が理解できる
・中級レベルの語彙を理解できることもある


ここまでの情報からお分かりの通り、TOEIC®スコアに応じて

英語でどんなことが出来るか

という指標を具体的に確認出来ます。
スコア別の弱点からは、自分の英語力に足りない部分を把握できます。

TOEIC®の学習や受験を通じて、英語力をバランスよく底上げするために必要なデータを得られるので、TOEIC®は自分の英語力を可視化するの最良のツールと言えます。

【TOEIC®で英語を勉強するメリット②】出題範囲が決まっているので勉強法/勉強の仕方が明確で取組みやすい

英検やTOEFLと異なり、医療や法律分野、論文などに登場する学術的な専門用語や表現はTOEIC®には出題されません
基本的にビジネスシーンや私たちの日常に特化したトピックが中心です。
TOEIC®の主な特徴として

・出題範囲/ジャンルがある程度決まっている
・参考書や問題集が豊富で簡単に入手できる
・スコア別に目標を立てられるので取り組みやすい
・やるべきことさえやればスコアが取れる

etc.

こんな傾向があります。
各パートの設問数の変更や、より実用英会話に即した内容への見直しなど、試験内容の改定は数年に一度行われます。
が、私が知る範囲で、ビジネスシーンや日常のトピックからTOEIC®の出題範囲や傾向が大幅に変更されたことはありません。

これらの背景を踏まえると、TOEIC®の勉強法や勉強の仕方が、ある程度絞(しぼ)られてきます。
↓↓↓↓

・TOEIC®頻出単語を網羅(もうら)する
・基本的なイディオム/フレーズを覚える
・出題パターンと解答方式を確認し、あらかじめ試験要領に慣れる
・リスニングでは音声のスピードと4つのイントネーション(米語/英語/カナダ英語/オーストラリア英語)に慣れる
・動詞と前置詞の組み合わせパターンや比較級特有の表現など、基本の英文法を強化
・長文読解練習
etc.

たとえば英会話で外国人とフリートークの場合、トピックが多岐に渡るので、話したいジャンルの英単語/元ネタ/背景を知らないとツライ・・・て感じになります(苦笑)
かたやTOEIC®は
、ごく一般的な日常やビジネスシーン、たとえば

・男性が芝生の手入れをしている
・日よけの下で何人か休んでいる
・定期購読のウェブ申込みで10%オフ
・来週から別の職場で仕事なので週末に引越す
・このレストランは地元の食材を使ってる
etc.

こんな内容が中心です。
医療系など一部の専門分野で必要とされるテクニカルな用語はまず登場しないので、誰でも気軽に取り組めて、非常に勉強しやすいです。

【TOEIC®で英語を勉強するメリット③】スコアアップで年収Up!?就職/転職に有利

就職や転職の場面でも、応募条件として一定以上のTOEIC®スコアを要求する企業は多く、目安として600点が最低基準となるケースが目立ちます。
一部の企業では、書類選考時に600点未満の応募者を足きりするため、TOEIC®スコアの提示を条件とするほどで、今や私たちの市場価値を証明する一つの指標とも言えます。

他にも

・海外関連の業務を行う場合は800点以上
・管理職登用条件は730点必達
・昇進試験でTOEIC®スコア提出が義務
etc.

こんな感じで、一定以上のTOEIC®スコアが何かしらの条件となるケースが多々見られます。
私のプロフィールでもお伝えしたので、読んでくれたあなたは記憶にあるかもですが、私が転職活動をしていた数年前、応募したい企業の条件はそろいもそろって

TOEIC®730点以上

でした。
当時600点台後半をウロウロしていた自分はスタートラインにも立てず、悔しい思いをした経験があります。

就職や転職であなたの希望をかなえたいのであれば、いまやTOEIC®スコアは必須条件の一つと言っても過言ではありません。
面接用スーツの準備と同じか、もしくはそれ以上の優先度で(笑)、必要なスコアをぜひゲットしてくださいね☆

【TOEIC®で英語を勉強するメリット④】やりたい仕事が出来る/仕事の幅が広がる

メリット③にも関連しますが、現職で、たとえば海外関連業務を扱う部門への異動や、自らその仕事を希望した場合、実務レベルで必要な英語力が問われるのは必至です。
メリット①でも触れましたが、私たちのようなノンネイティブが「英語が話せる」と一口にいっても、その証明がが必要です。
そこで使いたいのはTOEIC®スコアです。
公式ホームページにも

PROFICIENCY SCALE
=TOEIC®スコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表


(参照/引用:TOEIC® Listening & Reading Test 公式データ・資料>各種分析・参考データに関する資料)

が開示されています。
相関表の情報を一部詳しく見てみましょう。
↓↓↓↓↓

レベルA:TOEIC(R)スコア860
⇒Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる

レベルB:TOEIC(R)スコア730
⇒どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている

このように、スコアに応じた英語のコミュニケーション能力や目安がわかります。
あなたが
希望する業務や部署で、実務レベルの英語力が必要な場合、目安として860点をターゲットとし、その点数に届くよう逆算して学習計画を立てるなど、具体的な数字を目標にすると勉強を進めやすいかもしれません(^^)

【TOEIC®で英語を勉強するメリット⑤】ビジネス英会話の基礎を勉強できる

本日の英語フレーズ/シチュエーション
>本日のリアル英会話

を振り返ってみましょう。

Submissions for the contract should be sent to Ms.White’s secretary by either registered mail or a delivery service of your choice.
=契約の(応募書類の)提出は書留郵便か宅配便か、あなたの希望に応じてホワイトさんの秘書に提出するとよいです。

こんな風に、TOEIC®は実際のビジネスシーンやオフィスで多用される表現が頻出します。

他にも例を挙げると

The two company representatives had a frank discussion about the opportunities of a cooperative venture in the near future.
=その二社の代表は、近い将来の共同事業の好機について率直に議論した。


これ系のノリの英語表現がバシバシ来るのがTOEIC®です
(笑)
基本的に、ネイティブスピーカーに通じる自然で正しい英語表現が中心なので、TOEIC®の学習を通じてビジネス英語/ビジネス英会話の基礎を学べます

医療や法律などの専門分野同様、砕けた口語やスラング、人種/宗教/政治的信条に関する表現もTOEIC®には出題されないので、覚えた英語は安心してビジネスシーンで使えます。
TOEIC®で英語を勉強すれば、スコアアップのついでに実用的なビジネス英語もマスターできて一石二鳥です♪

【TOEIC®で英語を勉強するメリット⑥】日常英会話に必要な基本的な英文法/英単語を体系的に学べる

メリット⑤にも関連しますが、TOEIC®は一般的な日常やビジネスシーンに関するトピックが中心です。以下のフレーズやセンテンスは登場しません。

・砕けた口語
・スラング
・医療や法律など専門ジャンルの高度な単語/フレーズ
・人種/宗教/政治的信条に関する表現
etc.

そもそもTOEIC®の目的は

言語としての正しさを問うテスト

なので

TOEIC®に出題されるのは正しく、実用的で、自然に通じることが明白な英語表現ばかりです。
言い換えると、TOEIC®を通じた学習で、英会話に最低限必要とされる基本的な

・英文法
・英単語
・リスニングスキル
・英文読解力

を体系的に身に付けられます。
もちろん英会話には、英語の4技能
↓↓↓↓
・リスニング
・スピーキング
・リーディング
・ライティング

のバランスが求められます。
しかし英会話でも、リスニングスキル不足だと講師の話す英語や教材の音声を満足に聞き取れません。


同じく、最低限必要なリーディングスキルがないと、教材の英文読解/内容理解がままならず、レッスンに支障がでます。
TOEIC®のリスニングやリーディングに取り組むと、英語を理解するために最低限必要なこと
↓↓↓↓↓↓

・ネイティブスピードの英文音声聞き取り/理解
・米/英/カナダ/オーストラリア英語のイントネーションの聴き分け
・基本の5文型の理解
・品詞の理解(名詞/動詞/形容詞/副詞/代名詞/関係詞/限定詞/前置詞/接続詞、etc.)
・会話に必要なボキャブラリー
・英文読解/内容理解
etc.

を体系的に学習できます。
英会話の準備や前段として、自分一人でも学習可能なこと、あるいは必要事項を、TOEIC®の学習で自然と網羅(もうら)できます

もし、あなたがオンライン英会話などで一生懸命努力しているにも関わらず

・講師の英語の説明を満足に聞き取れない
・会話力アップが頭打ち
・一定以上のボリュームの英文教材だとスムーズに読み進められない
etc.

こんなお悩みが万一あれば、ここまででお伝えした、英語を理解するにあたって最低限必要な準備や学習が足りていない可能性が高いです。
英会話力を体系的/効率的にアップするためにも、TOEIC®の学習を通じて英語力を見える化すれば、サクっと解決できるかもしれませんね(^^)

【TOEIC®で英語を勉強するメリット⑦】800点、900点以上は超少数派!?スコアアップで単純に「すごい!」と思われる

TOEIC®は990点満点のテストで、配分は以下のとおりです。

リスニングセクション:495
リーディングセクション:495
合計:990

突然ですが、TOEIC®スコア800~900点以上の受験者って、全体の何%くらいかご存知ですか?

フタを開けてみるとこの位です。
↓↓↓

800点以上⇒約12%
900点以上⇒約3%

(参照/引用:TOEIC® Listening & Reading Test 公式データ・資料>平均スコア・スコア分布)

TOEIC®は、2月と8月以外は毎月開催されるので、月ごとに上記のパーセンテージは微妙に変わりますが、平均的には上記の割合です。
ご覧のとおり、800点越えは全受験者の中で上位約10%、900点越えはたった3%です。
超少数派なので、頑張ってハイスコアを取れば、単純に周囲から

スゴイ!!

と思われます。
国別平均スコアを見ると、2017年の公式報告の最高平均点はカナダの845点です。
(参照/引用:TOEIC® Listening & Reading Test 公式データ・資料>TOEIC®Program総合レポート)

ここまでのデータから、英語を母国語としないノンネイティブが800点以上のスコアをゲットしたら、十分な英語力と言えるのではないでしょうか。

TOEIC®スコアで英語力を可視化したら、明らかに周囲の反応が変わります。
お伝えしたように、就職や転職で有利ですし、現職でも仕事の幅やチャンスが広がります。

ハイスコアはあなたの自信も補強します。
英語を話す場面で、自信をもって大きな声でハキハキ話すメンタルも強化してくれるでしょう。

もちろん、スコアアップは簡単な道のりではないでしょう。
しかし確実に、あなたのキャリアや英会話力のアップに
役立ちます。

ぜひTOEIC®をあなたの英語学習に活用してくださいね♪

【最後に】TOEIC®で英語を勉強するメリットまとめ

【TOEIC®で英語を勉強するメリット①】
スコアで英語力を見える化
⇒得意を伸ばしつつ弱点を補強
⇒英語力を効率よくUp

 

 

【TOEIC®で英語を勉強するメリット②】
出題範囲が明確なので勉強しやすい
⇒ビジネスや日常のトピックが中心
⇒参考書や問題集が豊富
⇒スコア別目標を立てるなど勉強法/勉強の仕方がわかりやすい

 

 

【TOEIC®で英語を勉強するメリット③】
スコアアップで就職/転職に有利
⇒応募条件のスコア未満だと書類先行で足切りのリスク

 

【TOEIC®で英語を勉強するメリット④】
やりたい仕事が出来る/仕事の幅が広がる

 

【TOEIC®で英語を勉強するメリット⑤】
ビジネス英会話の基礎を学べる

 

【TOEIC®で英語を勉強するメリット⑥】
日常英会話に必要な英文法/英単語を体系的に学習
⇒砕けた口語/スラング/差別的表現は登場しない
⇒医療や法律など一部の専門領域の英単語や知識は問われない
⇒会話練習の前に自分一人で可能な学習事項を網羅

 

【TOEIC®で英語を勉強するメリット⑦】
ハイスコアゲットで「すごい!」と思われる
⇒全受験者のうち800点越えは約10%
900点越えに至っては約3%
⇒単純に「すごい!」と思われる
⇒英語を活かす仕事もできる
⇒人生のチャンスが圧倒的に広がる


以上

TOEIC®で英語を勉強するメリット7選

でした!


あなたの英会話&英語力がガンガン飛躍するよう、これからも応援しています!

では今日はこの辺で。

次回もリアル英会話をお楽しみに!
Have a nice day☆

Tomy


©since2017

英語&英会話を日本から一歩も出ず
30代から再勉強した体験記ブログ

by Tomy

コメント

タイトルとURLをコピーしました