【1万語Getメソッド】3種類の語源で英単語暗記を加速!<前編>

マインド/学習方法

☆この記事は約4分で読めます☆

Tomyの詳細なプロフィール

このサイトについての説明

+++++++++++++++++

Tomyです!
絶対に忘れない&使える英語をお届けします!

本日は

ネイティブ級語彙力が欲しい人必見!
3種類の語源を活用して10,000語ゲット☆

をお届けします☆
ちなみに、英単語を効率的に覚える7個のポイントと、語源で単語を覚えるメリット3個は、それぞれ以下のブログにまとめていますので、まだご覧になっていない方はぜチェックしてください☆
↓↓↓↓
【回転率Upで記憶力Up!】英単語を効率的に覚えるポイント7個/英語で「競走馬」と言う

【芋づる式に2000語暗記!?】語源で英単語を覚えるメリット3個/英語で「どこにでもある」と言う

すでに上記のブログをご覧いただいた方はご存知の通り、英単語を効率的に覚える主な方法は

①単語帳1冊を少なくとも5周リピート
②基本的な文法知識、つまり「語源」を活用して芋づる式に覚える

この2つが挙(あ)げられます。英単語の語数の目安ですが
☑日常会話レベル
⇒~2,000語

☑英字新聞や雑誌を不自由なく読めるレベル
⇒~10,000語

と言われています。必要な語彙(ごい)数に到達するには「①単語帳を何周もリピート」のように、復習しながら同じ英単語に出会う回数を増やし、長期記憶として私たちの脳みそに定着させるのが最強です(^^)

一方で10,000語など、さらなる語彙増強を目指すなら、機械的に単語帳をリピートするだけだと時間がかかりすぎてしまい、最終的に到達できる語数に限界があります(汗)
そこで本日は3種類の語源を活用して効率的に語数を稼ぐ方法を一緒に見て行きたいと思います(^^)

☑「試験に出る単語集」「例文で覚える単語帳」「TOEIC(R)頻出」いろんな単語帳を一通りやった
☑でも何度見てもすぐ忘れる(泣)
☑別の意味の単語と混同する英単語がいっぱい(汗)
☑単語帳は種類がありすぎて、どれがいいか混乱
☑単調な英単語暗記をもっと効率的に進めたい
☑ネイティブ級の語彙が欲しい
☑難関大学を目指してる

☑辞書で調べる回数を減らしたい
☑2,000語や
10,000語の単語帳は怖気(おじけ)づいてしまう(焦)
☑単語帳リピートが必須なのはわかるけど、効率的な暗記法も知りたい

etc.

こんなお悩みがあれば、本日の内容はきっとあなたの英語学習にお役に立つはずです♪
詳しくは編集後記で。Don’t miss it!

Sponsored Link




本日の英語フレーズ「基本的な知能」&シチュエーション

Step1
本日の英語フレーズ

basic intelligence
=基本的な知能

 

Step2
どんなシチュエーション?

ニワトリの基本的な知能ってどの程度でしょうか。一説にはネコと同等という説も。

Step3:本日のリアル英会話

I’m curious about that chicken eating the rock. He seems to lack the basic intelligence required for pretty much everything. Should we maybe just cook him?
=ニワトリが石を食べるなんて不思議だな。彼(ニワトリ)はほとんど全部のことに必要な基本的な知能が足りないように見えるね。我々は彼を料理すべき(食べるべき)なんじゃないかな?

 

追加したパーツ
↓↓↓↓↓↓
①curious
=好奇心をそそる、不思議な

②pretty much
=ほとんど、だいたい


Step4
Let’s speak English!

本日のリアル英会話
3回しゃべって3回書きましょう!

★電車の中などしゃべれない場合は暗唱しよう!
★ペーパーレス時代。スマホのメモに打ち込んでもOK!

 

【編集後記】英単語を大量インストール!大人の英単語学習は語源の活用で効率化☆ネイティブ級語彙力をゲットしよう(前編)♪


語源で英単語を覚えるメリット3個
↓↓↓↓
 【芋づる式に2000語暗記!?】語源で英単語を覚えるメリット3個/英語で「どこにでもある」と言う

でもお伝えしましたが、英単語の語源は全部で3種類
↓↓↓↓
①接頭辞(接頭語)
②接尾辞(接尾語)
③語根(語幹)

あります。
上記の記事でも語源について触れましたが、本日はさらに詳しく見ていきたいと思います(^^)
詳細の前に、語源を活用した英単語学習が「大人の英語学習者」にオススメな理由を、もう少し突っ込んでみていきたいと思います☆

日本人に英語を教える講師、言語研究や脳科学、あるいは神経科学の専門家など、あらゆる研究結果から大人にとって最も効率的な英単語の学習方法は「語源を意識した英単語暗記」と言われています。その理由を端的(たんてき)にお伝えするなら「暗記の負荷を極限まで減らせるから」です。
英単語暗記でシツコく効率化をゴリ推(お)しする理由は、必要な語彙数が多いからです。
語彙増強は
英語学習でネックになるので、避けて通れません。
英語で必要とされる語彙数を見て頂けると、単語暗記に効率化が必要な理由がスッと理解できると思うので、本題の前にサクッと見てみましょう☆

【いくつ覚える?】英語学習に必要な英単語の語彙数の目安


☑2,000語
⇒日常会話レベル

☑6,000語
⇒日本国内難関大学入試レベル

☑10,000語
⇒英字新聞や雑誌を自由に読める程度

☑30,000語
⇒ネイティブスピーカーの平均語彙数

こんな感じなので、1個1個英単語を覚える可算方式だと、新聞や雑誌を自由に読んだり、ネイティブと問題なく会話を進めるレベルに到達するには、かなりの積み上げと時間が必要になります(^^;)
一方で、語源を活用した英単語学習なら、ネイティブ級の語彙数ゲットも夢じゃありません♪
その理由は、英単語を一つ一つ覚える方法が「足し算」方式だとしたら、語源を活用した英単語学習は「掛け算」方式だからです。

①接頭辞⇒3個
②接尾辞⇒3個
③語根⇒3個
↑↑↑↑
3×3×3=27個

それぞれを3個ずつ覚えれば、単純計算で27個の英単語を覚えられる仕組みなので、圧倒的に効率が良いです(^^)
語源という単語のパーツ毎の意味を理解した学習方法なので、ヤミクモな暗記と違います。知らない英単語に出会っても語源から意味を推測(すいそく)できるので、暗記の負荷がグッと減ります。
私自身も、語源を意識して英単語を認識するようになってから「機械的にしぶしぶ覚える⇒理解して定着する」サイクルに変化したので、長期記憶に残りやすく、一度覚えた英単語を忘れにくくなりました(^^)

ここまででお分かりいただけた通り、語源を理解する最高のメリットは「少ない時間と労力でたくさんの英単語が身に付く」ことです☆
仕事やプライベートで忙しい大人の英語学習者にとって、時短は死ぬほど大事です(笑)。単調な暗記が減れば学習を効率化できるので、英語に挫折(ざせつ)するリスクも減ります。

膨大な英単語の暗記に嫌気がさし、英語自体をあきらめかけていたとしても、語源学習のメリットを知れば「自分もできるかも!」と感じて頂けたのではないでしょうか\(^o^)/
それではここから、3種類の語源を順に見てみましょう☆

【語源その①】接頭辞(接頭語)-prefix-

文字通り、接頭辞は英単語の語頭に来るパーツで、その単語の主な意味を決定します

☑共通・共同
(co-/con-/com-)

☑否定
(un-/im-/in-/a-)


☑反対・反抗
(dis-
/in-/anti-)

☑方向(前後/左右/東西南北)
(before-/after-)

☑位置関係(内外/
上下/距離)
(in-/im-/en/ex-/out-/up-/down-)

☑時間関係
(pro-/pre-/fore-)

☑善悪
(mal- )

☑数量
(mono-/uni-/bi-/du-/tri-/multi-/mega-)

☑(名詞や形容詞に付けて)動詞を作る
(en-)

etc.

色々な意味の接頭辞があります(^^)

【芋づる式に2000語暗記!?】語源で英単語を覚えるメリット3個/英語で「どこにでもある」と言う

でも、よく使われる接頭辞をいくつか一緒にみました。
↓↓↓↓
☑com-「共同・共通」

⇒combine/kɑmbaɪn/(結合する)
⇒compose/kəmpóʊz/(構成する)

☑ex-「外に」「前の」
⇒export/ekspˈɔɚt/(輸出する)
⇒ex-president/èksprézɪd(ə)nt/(前大統領、前社長)

☑re-「反対・反抗」「戻る」
⇒resist/rɪzíst/(反抗する)
⇒reform/rɪfˈɔɚm/(改善する)

もう少しお伝えすると接頭辞は、後に続く語根の最初のアルファベット文字によって、別の形(異形)に変化する性質あります。
よく出てくる接頭辞”ad-”を例に、その性質を見てみましょう☆

【語源その①-1】接頭辞の異形

☑ad-
「移動/方向/変化/完成/近似/固着/負荷/増加/開始」の意。「~へ」「~に」

①adventure
☑接頭辞”ad”「~の方へ」
+
☑語根”vent”「穴/風/通気孔」
+
☑接尾辞”ure”(動作/過程/存在の意の名詞を作る)”

接頭辞は基本形のままです(^^)

 

②appoint
☑接頭辞”ad”⇒”a(p)”に変化
+
☑語根”point”「指し示された点/要点/地点」

他にも”appeal”/”appear”などがありますね(^^)

 

③accept
☑接頭辞”ad”⇒”a(c)”に変化
+
☑語根”cept”「しっかり持つこと/握ること」

他にも”accede”/”accelrator”/”acquiesce”などがあります。
語根の最初の文字が”c/q/k”の場合、その前に”ad-”が来ると”ac-”という異形に変化します。

 

④observe
☑接頭辞”ad”⇒”ob”に変化
+
☑語根”serve”「見る/守る」

さらに”ob”は”c/f/p”の前でそれぞれ”oc-/of-/op-”に変化し、”m”の前では”o-”に変化します♪

このように、接頭辞は後に続く語根の頭文字に応じて異形に変化します(^^)
コレを覚えておくと




スペルミスがガッツリ減る

この情報、かなり重要です!お得すぎてメリットだらけですが、これを読んでくれているあなただけにコッソリお伝えしておきますね♪

 

残念ながら紙面が尽きました(汗)
接頭辞のほか、残り2つの語源

②接尾辞(接尾語)

③語根(語幹)

はコチラ
↓↓↓↓
【1万語Getメソッド)】3種類の語源を活用して英単語暗記を加速<後編>

を引き続きご覧ください(^o^)

以上

【1万語Getメソッド】3種類の語源を活用して英単語暗記を加速!<前編>

でした!
あなたの英語力がガンガン飛躍するよう、これからも応援しています☆最後まで読んでくれてありがとうございました!

<追伸>
本日のリアル英会話は「モアナと伝説の海(原題Moana)」から抜粋♪
劇中でモアナがかわいがっているニワトリヘイヘイ に対する島民の言いっぷりがなかなか酷(ひど)い(笑)

「知能指数はゼロに等しい」というキャラ設定で、人間に食べられそうに(汗)
ちなみに英語でも

☑bird-brain
=まぬけ、ばか、おたんこなす

☑bird-brained
=まぬけな、頭の鈍い、頭の弱い

こんなフレーズが(苦笑)
鳥は体の大きさに対し頭が小さく、ワールドワイドで知能や記憶力の低い代名詞的扱いですね(^^;)
しかし一部の研究では、ニワトリが数を認識したりエサを待ったり、ネコ程度の知能に到達したり、賢いことが判明しているそうです!

↓↓↓↓
Thinking chickens: a review of cognition, emotion, and behavior in the domestic chicken
(URL:https://link.springer.com/article/10.1007/s10071-016-1064-4)

ニワトリの正しいイメージが浸透(しんとう)するよう応援したいと思います(笑)

 

<参考サイト>
THE ENGLISH CLUB
(https://english-club.jp/
)


では今日はこの辺で。
次回もリアル英会話をお楽しみに!
Have a nice day☆

Tomy

++++++++++++++++++
サービス内容変更などにともない、定期的に本記事の情報は更新いたします。こちらのページをブックマークして頂くなど、必要に応じて最新の情報をご確認いただけると幸いです☆
++++++++++++++++++

無料メルマガ登録で
オンライン英会話で使える!英語の自己紹介テンプレート
プレゼント中♫
↓↓↓↓
メルマガはコチラ

©since2017
英語&英会話を日本から一歩も出ず30代から再勉強した体験記ブログ

by Tomy

コメント

タイトルとURLをコピーしました