【実は超重要!?】英語の発音を無視できない理由3選/英語で「オタク」と言う

マインド/学習方法

 ☆この記事は約4分で読めます☆

Tomyの詳細なプロフィール

このサイトについての説明

+++++++++++++++++

Tomyです!
絶対に忘れない&使える英語をお届けします!

本日は

発音ってなんで大事なの??
英語学習で絶対に発音を無視できない理由3選

をお届けします☆

学校で発音をきちんと習った記憶がない....
☑TOEIC(R)リスニングが苦手(><)
☑海外ドラマや映画を聞いても何を言っているのかサッパリ
☑一生懸命英語を話しても通じなかった
☑何度も聞き返される
etc.


『英語が聞き取れないのはベースの英語力やTOEIC(R)スコアが低いせいだ!』もしかしたらこう考える方も多いかもしれません。かくいう私も、TOEIC(R)がハイスコアなら、あるいは留学さえすれば、英語は誰でも聞き取れるし話せるものと、以前はそう思っていました。しかし、ある段階で英語学習が思うように進まなくなり、TOEIC(R)スコアも伸び悩んだのですが、そもそも英語の発音をきちんと理解していないことが根本原因と、後になって気づきました(汗)
これから英語を本格的に始めたい方、あるいは発音をどう学習したら良いかわからない方には、発音に関する疑問を解消して、ぜひとも効率的に楽しく英語を続けていただきたいと思います!そこで本日の記事では、私自身が苦労して発音を学習した軌跡(きせき)や学習方法など体験談も織り交ぜつつ

☑英語学習の初期段階で発音を理解すべき重要性とその理由
☑発音マスターで得られるメリット
☑発音の具体的な学習方法
etc.

英語の発音にまつわる基礎情報をお届けいたします♪

・リスニングが苦手(汗)
・TOEIC(R)スコアアップしたい!
・でも何から手を付けたらいいのかわからない
・字幕に頼りすぎず映画や海外ドラマを聞き取れるようになりたい!
何度も聞き返されず一発で伝わる英語を話したい!!
etc.

そんなあなたにもオススメの内容です。詳しくは編集後記で。Don’t miss it!

本日の英語フレーズ&シチュエーション

Step1
本日の英語フレーズ

geek
=おたく、変人

 

Step2
どんなシチュエーション?

ダイエットしたいあなた。
忙しくてジム通いの時間もないので、サプリメントの助けも借りて手軽に健康になれたら一石二鳥。
健康オタクの異名を持つ友人にサプリの基礎知識を請(こ)います。


Step3
本日のリアル英会話

He is a fitness geek.
⇒彼は健康オタクだ。

 

追加したパーツ
↓↓↓↓↓↓
fitness→健康、フィットネス


Step4
Let’s speak English!

本日のリアル英会話
3回しゃべって3回書きましょう!

★電車の中などしゃべれない場合は暗唱しよう!
★ペーパーレス時代。スマホのメモに打ち込んでもOK!

【編集後記】実は超重要!?英語の発音磨いたらTOEICもスコアアップ!英語学習で発音を無視できない重要な理由3選☆

重要なので結論から先にお伝えしますが、英語学習のステップのうち、発音トレーニングは本来最初に取り組む項目です。多くの日本人英語学習者の間でもあまり知られていない事実ですが、私たち日本人が学校でひらがなやカタカタ、漢字の読み方を学習するのと同じで、英語を母国語として話すネイティブスピーカーですら、学習初期段階に英語の発音、アクセント、リズムを学校で学んでいるのです(汗)。

信じがたいかもしれませんが、本当の話です(苦笑)。つまり、発音を軽視したまま英語を学習を続けても、遅かれ早かれどこかのタイミングで行き詰まったり、色々な弊害(へいがい)が発生するリスクも付きまといます(><)
私自身の記憶をたどってみると、学校の英語教育では発音を体系的に学習した記憶がありません。しかし、子供のころ通っていた地元の格安英会話教室で発音の基礎を先生に教わった経験があります。そのせいか

☑650点前後のスコアが取れるレベルまではTOEIC(R)を自力で学習できた
☑映画、洋楽、オンライン英会話の先生の会話を完璧ではないにしろまぁまぁ聞き取れる
etc.

こんな実感がありました。幸か不幸か、発音の基礎をわずかでもかじったおかげで『何を言っているかわからず英語学習初期で派手につまづく』ことはなく、最初の山場を運よくスルーできたのです。
しかし、TOEIC(R)スコアを700~800レベルまで上げようとしたり、オンライン英会話でさらに深いレベルで講師と会話を楽しみたいと思ったとき、明らかに

・聞き取れていない単語やフレーズが大量にある
・トピックの内容やテーマによっては、ネイティブのスピードで話されると半分くらい何を言っているかわからない
・リーディング速度が遅く理解が追い付かない
etc.

こんな問題がボロボロ出ました(泣)。そしてその根本原因は『英語の発音を正しく理解できていない』ことにありました。
この重要な事実に気づいて以来、それはもう必死で発音を学びました(苦笑)。鏡やスマホの自撮りモードを使って、自分の顔と口元を見ながらパクパク口を動かし、毎日毎日英語の発音練習を重ねる泥臭いこともしました(笑)が、結果的にTOEIC(R)も800点以上取れたので、発音をやってよかったと思います。
英語学習の順序は、別記事で個別にお届けすべき重要事項なので、ここではサラッとお伝えしますが、英語はゴールデンルールならぬ王道のゴールデンステップで学習するのが効率的で、その順序は以下です。

1.リスニング
2.スピーキング
3.リーディング
4.ライティング

いわゆる英語の基本4技能と呼ばれるものです。
一定年齢以下の子供は、説明を聞いて理解することが難しいので、意味が分からないながらに大量の英語音声を聞いて英語に慣れることを目的とし、リスニングを強化する方法が効果的と言われています。


しかし大人は説明を聞けば、あるいは文字で読めば理解できます。むしろ意味が分からないまま英語音声を聞き続けると、本当に聞き流すだけで目に見える成果が得られず、退屈や苦痛を感じる可能性が高いです。
そのため大人の英語学習者は、学習初期は日本語による説明も適度にはさみつつ、英語を聞き取るために最低限必要なことを学びながら、リスニングとスピーキングをほぼ同時並行で進める方が英語力が伸びます。

ここで大事なのが発音です!リスニングとスピーキングでは、アルファベット一つ一つの音や単語のアクセント、フレーズや文章になった時の抑揚(よくよう)やイントネーション、つまり英語のリズムに慣れて理解できることが前提になります。
繰り返しにはなりますが
発音は英語学習の初期段階で学ぶべき項目で、英語の基礎中の基礎』といっても過言ではありません。英語学習の方法や理論は色々なものがあふれているので、英語の発音に『こだわる派VSこだわらなくて良い派』二極化する意見も耳にします。
しかし、ここまででお伝えした通り、発音は実用レベルの英語を使えるようになるために、あるいは効率的に英語学習を進めるために必須です!やりたい人は取り組めばよい、といった趣味レベルのお話ではありません。
それではここから

発音ってなんで大事なの?
英語学習で絶対に発音を無視できない理由3選

を一緒に見ていきましょう(^^)

【英語学習で発音が大事な理由①】聞き取れないので会話がはじまらない


最初の理由はシンプルで、発音が分からないと英語が聞き取れないからです。英語の発音は、母音と子音合わせて50個前後ありますが、先ずはそれらの音単独で一つ一つを聞き取れ、なおかつ自分でも発声できることが重要です。後でお伝えする理由②にも関連しますが、自分が聞き取れない音は発声できないので『英語を話しても通じない』
状態に陥(おちい)るリスクもあります。
英語を聞き取れない結果、
相手(英語を話す側)が何を言っているか理解できないので会話をはじめられない/進まないデメリットが生じやすくなります。

【英語学習で発音が大事な理由②】リスニングでつまづきTOEICなど資格試験のスコアが伸び悩む

英語音声を聞き取れないと、TOEIC(R)のリスニングなど、資格試験のスコアアップで盛大につまづく可能性が高くなります。TOEIC(R)を例に挙げると、リスニングセクションでは英語音声を聞き取り、英語で書かれた設問と選択肢に目を通しながら解答用紙に正解をマークする、という作業を45分間で100個の設問に対して行います。
このようなテストで
スコアをとるためには『英語音声を聞き取り、かつ内容も理解できる』ことが大前提となります。

【英語学習で発音が大事な理由③】話しても通じないのでスピーキングや英会話に支障が出る


英語の
母音や子音を正しく発音できないと、聞き手(英語スピーカー側)は何を言っているか理解できず、相手に与えるストレスが大きくなります。日本語でもそうですが『おはようございます』を『あほようこさいます』と別の音で言われても、何を言っているのかわからず、聞く側は理解に時間がかかるのでストレスですよね(苦笑)
通じない発音で英語を話すと、ほかにもこんなデメリットがあります。

↓↓↓↓
☑話を聞いてもらえない、あるいは何度も聞き返される
☑言いたいことを補足したり補足内容を考える間に、会話が通じる人同士でどんどん話が進む
☑ビジネスなど限られた時間内で先に進める必要性が高い場面についていけない
☑海外との取引などで深いレベルの議論や会話に入れず、疎外感が生まれる
☑同じようなタイミングでつまづくことを繰り返すと『自分は英語ができない人』と自己肯定感が下がる
☑スピーキングや英会話に自信がなくなる


理由①と理由②にも強く関連しますが、自分が出せる音、つまり発声できる音は聞き取れるので、聞き取る練習と、実際に声に出して一個一個の英語の音やフレーズを発声練習することは、そのどちらも意味があります。

『ブロークンでも先ずは話すことが大事!』という意見もありますし、もちろんそれも大切なことだと思います。しかし、英語の発音はカタカナでは再現できないものが大半です。正しい発音を無視し続けても、上に挙げた理由から、長期的には弊害(へいがい)が大きくなります。英語学習初期や英会話初心者の段階では許容される拙(つたな)さやレベルであっても、段階を経るといずれスルーされなくなるので、同じポイントでつまづかないためにも、早い段階で発音を身につけることが重要です。

【まとめ】完璧に英語の発音を極めなくても英会話はできる2つの理由

紙面が尽きたので、発音マスターに有効だった学習方法やおすすめ書籍は別の記事でお伝えしますね(^^)
現在、英語は約17億人が実用レベルで使っています。全世界の人口の約二割が英語を使う計算になりますが、この17億人のうち、母国語を英語とするネイティブスピーカーはたった20%前後です。残り80%はインド系やヨーロッパ、東南アジアなど非英語圏のノンネイティブスピーカーです。
彼らが話す英語だって、もちろん完璧な発音とは言えないと思います。あまりにも何度も聞き返されたり、会話が一向に進まないほど伝わらないと、英語を全く話せないのと同じになってしまいますが、上でお伝えした通り、発音は重要ですが完璧を求める必要はない、と私は思います。
その理由を二つほど、本記事の最後にお伝えし
ます(^^)

≪英語の発音が完璧じゃなくても英会話は大丈夫な理由①≫訛り(なまり)や方言の範囲として許容されるから

英語スピーカーからしてみると、非英語圏の英語は『訛(なま)り』や『方言』のレベルであって、意思疎通(そつう)に支障がでるほど問題視はされないようです。
特に印欧系の言語は文法が似ている上、日本語より複雑な発音が母国語にも含まれているので、日本人のカタカナ発音ほど本来の英語からかけ離れていません。
だからこそ、日本人が英語を学ぶ場合はまず最初に正しい発音を身につけ、相手が聞き取れるレベルの音を実際に発声できるよう意識することが大切だと、私は思います。そう意識することで、会話でストレスを感じる場面をお互いに減らせますし、何より相手のことを考えたコミュニケーションが成立するからです☆

≪英語の発音が完璧じゃなくても英会話は大丈夫な理由②≫そもそも完璧は無理だから

同じ日本語でも、南は沖縄から北は北海道まで、いろいろなイントネーションやリズム、発音、方言がありますよね。
九州弁や関西弁、東北弁を話す人がアナウンサーレベルの標準語に合わせる必要性はないとの同じで、私たち日本人が英語を学ぶ際も、最低限伝わる発音で英語を
話せれば十分だからです(^^)
あとは、文法やスピーキング、ライティングなど、それぞれに必要な項目にフォーカスして強みを伸ばしたらいいと思いますし、実際に英語をどんどん使いながら身につけることが大切だと強く感じます。
私も発音をきちんと学習して以来、オンライン英会話の講師から

☑アジア系のイントネーションはあるけど、米語に近い発音だしすごく聞きやすい!
☑発音やリズムに違和感があって会話が途切れたりしないからレッスンがスムーズに進んでストレスがないね☆
☑米国かカナダか、どこかで留学して英語を勉強したんだと思ったよ!
etc.

こんな風にコメントをもらえる回数が増え、正しい発音は何よりも英語を継続するモチベーションになっていると実感しています。
私自身の経験上、英語の発音を効率的にマスターするのはフォニックスルールに沿って進めるのがベストでした(^^)詳細はコチラの記事にまとめていますので、ネイティブ級発音をゲットして脱カタカナ英語したい方は、ぜひチェックしてくださいね♪
↓↓↓↓
【ネイティブ英語マスター!】英語の発音ルール超重要ポイント2個/英語で「激怒」と言う

以上

【実は超重要!?】英語の発音を無視できない理由3選/英語で「オタク」と言う

でした!
あなたの英語力がガンガン飛躍するよう、これからも応援しています☆最後まで読んでくれてありがとうございました!


では今日はこの辺で。
次回もリアル英会話をお楽しみに!
Have a nice day☆

Tomy

++++++++++++++++++
サービス内容変更などにともない、定期的に本記事の情報は更新いたします。こちらのページをブックマークして頂くなど、必要に応じて最新の情報をご確認いただけると幸いです☆
++++++++++++++++++ 

無料メルマガ登録で
オンライン英会話で使える!英語の自己紹介テンプレート
プレゼント中♫
↓↓↓↓
メルマガはコチラ

©since2017
英語&英会話を日本から一歩も出ず30代から再勉強した体験記ブログ

by Tomy

コメント

タイトルとURLをコピーしました