【知らないと損?】シャドーイングの疑問解消で英会話力アップ!/英語で「損」と言う

 ☆この記事は約4分で読めます☆

Tomyの詳細なプロフィール

このサイトについての説明

+++++++++++++++++

Tomyです!
絶対に忘れない&使える英語をお届けします!

本日は

シャドーイングって何??
シャドーイングの疑問解消で英会話力を効率的にアップ!

をお届けします☆

シャドーイングって何するの
☑初心者でもできる?
☑特別な教材やテキストは必要?
☑でも仕事や学校で忙しい
etc.

『英会話の上達にはシャドーイング!』なんてセリフ、あなたも一度くらいは耳にしたことがあるかもしれません(^^)
とは言え、そもそもシャドーイングが何か良く知らなかったり、具体的にどうしたらいいのかわからなかったり、学習に取り入れたくても、その方法や得られる効果を知らない人も多いのが現状です。
そこで本日は、シャドーイングが初めての方でもカンタンに取り組めるよう、シャドーイングに関する疑問を解消しつつ、その具体的な学習
方法やメリットなどの基本情報をお届けしたいと思います♪

限られた時間で英語力を効率的にアップして、もっと色んなことにチャレンジしたい!

そんなあなたにもオススメの内容です。詳しくは編集後記で。
Don’t miss it!

本日の英語フレーズ&シチュエーション

Step1
本日の英語フレーズ

lose money
=損をする、(賭け事などで)お金をする


Step2
どんなシチュエーション?

同僚がオンラインのギャンブルにはまってます。
ビギナーズラックで勝った後は損をし続けてる模様。
やめなさいよ、なう。


Step3
本日のリアル英会話
He lost money on gambling.
=彼はギャンブルで損をした

追加したフレーズ
↓↓↓↓↓

lost
=loseの過去形

gambling
=ギャンブル、賭け事、賭博(とばく)


Step4
Let’s speak English!

本日のリアル英会話
3回しゃべって3回書きましょう!

★電車の中などしゃべれない場合は暗唱しよう!
★ペーパーレス時代。スマホのメモに打ち込んでもOK!

【編集後記】知らないと損!?シャドーイングを正しく活用して英語力を効率的にアップしよう☆

シャドーイングとは、流れてくる英語音声に続き、実際に声に出して英語を読み上げたり、英文として紙に書き出すアウトプット中心の学習方法を指します。

文字通り自分が『Shadow=影』として、英語音声とほぼ同時に話したり書いたりする方法で、同時通訳者を目指すレベルの人も積極的に行う学習法です。リスニングに加えてスピーキングも向上する英会話の効率的な学習方法として、多くの人が実践しています。
ただし、シャドーイングは正しいやり方で取り組む必要があります。基礎知識や予備情報が無いままシャドーイングを行うと、英語力アップどころか、かえって英語に苦手意識が芽生えたり、上手くできないことに嫌気がさして学習を中断したり、デメリットが上回るリスクもあるからです。それではここから

シャドーイングの基本を知って疑問を解消しよう!
シャドーイングで英語力を効率的にアップさせる具体的な方法☆

を一緒に見ていきましょう(^^)

【シャドーイングの疑問を解消①】かの有名なベルリッツもイチオシ!?シャドーイングって何?


シャドーイングは流れてくる英語音声に続いて自分も声に出して英語を読んだり書いたりするアウトプット中心の練習方法です。主に『リスニング力』のアップに効果がありますが『スピーキング力』も向上します。
実はシャドーイングは
『ダイレクトメソッド(直接教授法)』として、あの有名なベルリッツがいち早くカリキュラムに採用した方法です。外国語の学習で母国語の訳などは介さず、会話を通じて自然にその言語を習得できるよう設計された学習法です。

英語と日本語のように、言語構造が本質的に異なるにも関わらず、日本語を介して英語を習得しようとすると、特に大人の場合は語順やリズムの違いが足かせになり、混乱の原因にもなり得ます。そのため、元祖シャドーイングとも言えるダイレクトメソッドは、効率的な英語習得に有効とされています。
ダイレクトメソッドは別名『カランメソッド』とも呼ばれ、ベルリッツで働いていたロビン・カラン氏が確立した直接教授法で

英語を通常の4倍の速さで習得できる

方法として、日本人の苦手なスピーキング力を養うのに最適と言われています。カランメソッドなら、シャドーイング初心者の方も効率的に学習に取り組めるメリットがあります。
カランメソッドを利用したシャドーイング学習はオンライン英会話のネイティブキャンプで
無料体験できますが、詳細はこちらの体験記事
↓↓↓↓
【オンライン英会話無料レッスン体験記】『NativeCamp/ネイティブキャンプ』評判や効果は?/英語で「名詞」と言う

にまとめたので、ここでは割愛しますね(^^)
それではここから、シャドーイングの具体的な方法

1.書き起こす
2.声に出してしゃべる

を一緒に見てみましょう☆

<シャドーイングの方法その1>英語音声を聴きながら書き起こす


やり方はカンタンで、1つは英語音声を聴きながら文字で英文を書き起こす方法です。同時通訳や録音音声の書き起こしと同じ原理で、聞こえた瞬間ごとにタイムリーに文字起こしします。特別な道具は必要なく、紙とペンがあればできますw
無料動画や音声、手持ちの教材などの英語音声を聞きながら、聞こえたままを英文として書き出します。

<シャドーイングの方法その2>英語音声を聴きながら声に出してしゃべる

英語の音声に続いて、聞こえた英語を自分で声に出し話しながら練習する方法です。題材は無料動画や手持ちの英語教材、TOEICⓇのリスニング教材など、何でもOKですが、慣れるまでは一つ一つの英文が短めで、スピードが速すぎないものがおすすめです。
オリジナルの英語音声と自分の声が混ざって聞こえるので、書き起こす方法よりも少し難易度が上がります。

【シャドーイングの疑問を解消②】シャドーイングを上手く進めるためのコツ9選

初心者でもシャドーイングをストレスなく進めるコツがいくつかあります☆今この記事を読んでくれているあなただけにコッソリお届けしますw

文字で書き起こすシャドーイングのコツはコチラ
↓↓↓↓
①スペルミスは気にしない
②スペルに不安がある部分の確認は後回し
③最初は上手く出来なくても手や耳を止めずどんどん進める
④カタカナでの書き起こしは極力やらない

です☆
『最初はカタカナでもOK!』と言う声も時々耳にしますが、個人的にはおすすめしません(汗)。英語は音とリズムの言語です。基本的に日本語の50音に無い音ばかりを使います。もっと言えば、アルファベットのつづりや音の出し方は『フォニックス』と呼ばれるルールで決まっているので、カタカナだと英語の音はほぼ再現できません。頭の中で英語を日本語の音に変換して認識すると、英語を正しく聴き取れないリスクがあります。こういった背景からも、当サイトではカタカナを用いた英語学習は推奨していません(^^)

声に出してしゃべるシャドーイングのコツはコチラ♪
↓↓↓↓

⑤英語音声のスピードに慣れることが最優先
⇒知らない単語や、文法的にわからないところは今は気にしない
⇒英語構文の解釈などに脱線しないよう、あくまで音とリズムに集中するトレーニングと理解し、学習の目的や優先度を間違えない

⑥自分の声を録音して後で確認する
⇒通勤や通学で声に出せない場合は頭の中で復唱orマスク着用でボソボソ言う(笑)

書き起こし&しゃべるシャドーイングに共通のコツ♪
↓↓↓↓

⑦イヤホンやヘッドホンを使う
⇒周りの音をシャットアウトして集中!

⑧1つの英文は長くても8~10単語前後がベター
⇒それ以上は中・上級者(TOEICⓇスコア800~目安)向き

⑨学習時間よりシャドーイング対象の英文の数を決めて取り組む
⇒1日3~5センテンスはスムーズに言えるようにする!など、英文の数を目標に

【シャドーイングの疑問を解消③】シャドーイング初心者でも取り組みやすいおすすめ教材

学習教材ですが、CNNなどのニュース系英語はスピードが速く1つ1つの英文も長めなので、個人的には中・上級者向け(TOEICⓇL&Rスコア800前後以上)と感じます。TEDトークもおすすめですが、トークのテーマ次第で

・なじみ薄い内容で知らない単語が多い
・話し手のスピードが速すぎてついていけない
etc.

など出鼻をくじかれるのを避けたいので、題材は慎重に選ぶ必要があります。
シャドーイング初心者でも気負いなく取り組めて個人的におすすめなのは

☑公式問題集などTOEICⓇリスニング教材
☑話の内容やテーマがとっつき易いTEDトーク
☑好きな映画や海外ドラマなど日常会話多めの動画

☑NativeCampのカランメソッドでシャドーイング学習

です☆
黄色表紙は最新版TOEICⓇL&R公式問題集で、なんと最新版はリーディングセクションの音声ダウンロードが可能です!シャドーイング練習にうってつけ♪

元祖シャドーイングとも言えるカランメソッドならオンライン英会話のネイティブキャンプで無料体験できるので、詳細はこちらの体験記事

↓↓↓↓
【オンライン英会話無料レッスン体験記】『NativeCamp/ネイティブキャンプ』評判や効果は?/英語で「名詞」と言う

をご覧ください(^^)
特にカランメソッドは、中学英語初級レベルの英文からスタート出来る内容が豊富なので、シャドーイング初心者でも気楽にスタートできます☆
動画を利用したい方は、YouTubeなどから好きなものを選べますが、注意したいのは以下のポイントです。
↓↓↓↓

☑公開年度が古い動画は英語字幕機能が無い場合も
☑セリフが少なめ
☑戦争映画など、日常的に使える英語表現が少ない
☑同じ場面を繰り返し観て飽きてしまう
etc.

シャドーイング学習の初期段階は、内容を最初から最後まで完璧に理解するというより、英語のスピードや音とリズムに慣れることを目指したいです。自己流で色々な教材に手を広げ中途半端になるよりは、最初はネイティブキャンプのカランメソッドや公式問題集の音声など、オーソドックスな教材の方が学習効率が上がります。

個人的な経験からも、テーマや範囲を絞って集中的に学習に取り組み、シャドーイングに慣れてきたら自分で動画を選んで学習を進める方が効率的に感じます。
シャドーイングに限らず、英会話の学習でおすすめのドラマや映画は別記事でお届けしますね(^^)

【シャドーイングの疑問を解消④】学習効果爆アゲの秘訣(ひけつ)2選

シャドーイングはリスニング力とスピーキング力を高められる素晴らしい学習方法ですが、その効果を十分得られる人と、そうで無い人に分かれやすい方法でもあります。そして両者の間には、ある決定的な違いが2つあります。
せっかくこれを読んでくれたあなたには、その違いをお伝えすると共に、シャドーイングの効果を高めるためにやって損は無い秘訣をここでお届けします!最後までお見逃しなく☆

<秘訣その1>語彙力アップでシャドーイングの学習効果を高める

英語学習の初期段階は語彙(ごい)力が追いついていない場合が多く、英語音声を聴いても

☑知っている単語なら聞き取れる
☑音声の最初と最後の方だけ聞き取れる
☑内容理解が断片的

etc.

こんな感じで消化不良になりやすいです。シャドーイングは、流れる英語音声の意味や内容を同時に追いかけることが要求されます。そのため、効果を十分得られる学習者は、ある程度の語彙力が備わっている人が多いです
語彙力不足でシャドーイングを続けても、意味や内容がわからず英語音声が過ぎ去るので、人によってはストレスになります。まるでTOEICⓇのリスニングで何もわからず試験時間だけが過ぎていく居心地の悪さに似ていると、個人的には感じます(汗)

シャドーイングの学習効果を高めるためにも、語彙力アップは避けて通れないので、初心者の方でも楽しく効果的に語彙を増やせる書籍をご紹介します(^^)

英単語の語源図鑑

 

単語を1つずつランダムに覚えるのではなく、共通する接頭語や接尾辞、意味の根源を表す語根など、単語の構成要素を理解して体系的に英単語を覚えられる大人気の一冊です♪
たとえば’injection=注入する’の場合

in=中に(接頭語)
ject=投げる、投影する(語根)
ion=物(接尾辞)

この3つをまとめて『語源』と呼ぶので、英単語の成り立ちの基礎を理解できれば

☑project=pro(前に)+ject(投げる)=映し出す
☑reject=re(後ろに)+ject(投げる)=拒否する
☑eject=e(外に)+ject(投げる)=排出する

など、芋づる式に語彙が増えます♪
売上ランキングで1位に輝くほど人気の書籍で、続編もあるのでチェックしてみてください(^^)

続 英単語の語源図鑑

 

 

イラストだから覚えられる 会話で必ず使う英単語1100 (音声DL付)


シャドーイングの効果が大きい学習者の特徴として

☑TOEICⓇ800点前後、あるいはそれ以上の英語力を身につけている
☑英検準1級レベル以上の実力がある
☑目安として7,000以上の語彙力

が挙げられます。
シャドーイングに限らず、TOEICⓇスコアアップや日常会話など、英語の実践力が問われる場合も語彙力は重要なので、楽しみながら語彙を増やせるよう、あなたのお気に入りの一冊を見つけてくださいね(^^)

<秘訣その2>発音強化でシャドーイングの学習効果を高める

シャドーイングの最終目的は、英語音声を聴くと同時にその意味や内容を理解することです。断片的ではなく、最初から最後まで英語音声を聴き取る必要があるので、前提として

A~Zまでの英語の音1つ1つを聞き取れ、英語のリズムについていけるリスニング力

を身につけた人は、学習効果が高まります。そのためにも英語の発音をきちんと理解し、自分自身もネイティブに近い音を出せるようにする練習が大切です。
むしろ、最低限の発音練習をしないままシャドーイングにトライすると

☑そもそも聞き取れない
☑舌や口が回らずシャドーイングどころではない
☑結果的にヤル気を削がれてモチベーション低下
etc.

などのリスクがあります(汗)
英語の音をクリアに聞き取れるだけでリスニングは格段に伸びますし、音声の内容理解の正確度も劇的にアップします。発音のお話も絶好調に大切なので、別記事でしっかりお伝えしますが、ここでは初心者でも発音の基礎をカンタンに理解でき、かつ練習も出来るオススメ書籍をサクっとご紹介します(^^)

CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)

 

海外で英語を学ぶ子どもたちは、最初にアルファベットのつづりと発音の関係、つまり読み方を学習します。そのルールは『フォニックス』と呼ばれ、フォニックスを理解すると

☑知らない単語が読める
☑英語のつづりの規則性や単語の仕組みがわかる
☑スペルミスが減る
☑発音記号を見れば発音できる
etc.

こんなメリットがあります(^^)
この本は、大人のための初めてのフォニックスの本とも呼ばれていて、英語のスペルを発音する際に知っておくべき超重要ルールが丁寧に説明されています。CD付で、発音トレーニングが出来る実践型の書籍で、売れ筋ランキング5位以内にランクインする人気ぶりです♪

便宜上、一部カタカナを使って説明している部分が個人的に気になる点ではありますが(苦笑)
日本人でも正しい発音の仕方とそのためのルールがわかると評判で、売上げランキング10位以内に入る人気です。
著者は、これまで約4000人の生徒に書いて覚えるフォニックスを使った授業を行い、発音の重要性をわかりやすく伝える指導に定評がある講師です。公立校での指導実績もあるなど、確実に英語力が付くと評判です☆

☑海外ドラマが聴き取れて感激!
☑耳で聞いて声に出すだけなのでカンタン
☑英語学習の最初にコレをやればよかった!
☑通勤や通学途中に聞き流せてラク
☑必要十分な内容で初心者にやさしい構成
etc.

利用者のうれしい声も多く、売上ランキング5位以内に入る人気です☆
初心者が発音の基本を学ぶには、詰め込み式のテキストよりわかりやすく、ザッと全体像をつかんで基礎練習を繰り返すのに向いています。

【まとめ】シャドーイングで英会話力を効率的にアップ☆

いかがでしたか(^^)
シャドーイングの効果を高めるには

☑語彙力アップ
☑発音の強化

英語全般で必要とされる2つの基本も押さえつつ進めると、どんどん楽しくなってきます☆
もちろん最初から完璧を目指す必要はありません。まずは一つ一つの英文が長すぎない教材やテーマを選び、紙に書いたり声に出して読みながら、シャドーイングを一緒に楽しみましょう♪
以上

【知らないと損?】シャドーイングの疑問解消で英会話力Up!/英語で「損」と言う

でした!
あなたの英語力がガンガン飛躍するよう、これからも応援しています☆最後まで読んでくれてありがとうございました!


では今日はこの辺で。
次回もリアル英会話をお楽しみに!
Have a nice day☆

Tomy

++++++++++++++++++
サービス内容変更などにともない、定期的に本記事の情報は更新いたします。こちらのページをブックマークして頂くなど、必要に応じて最新の情報をご確認いただけると幸いです☆
++++++++++++++++++ 

無料メルマガ登録で
オンライン英会話で使える!英語の自己紹介テンプレート
プレゼント中♫
↓↓↓↓
メルマガはコチラ

©since2017
英語&英会話を日本から一歩も出ず30代から再勉強した体験記ブログ

by Tomy

コメント

タイトルとURLをコピーしました